リーガル フォース。 AIで契約書のレビューを支援、リーガルフォースが正式版を販売

LegalForce

♻ 特に、契約書のレビューについては、後述するようにさまざまなリーガルテックサービスが登場しています。 国内シェア No. しかし、LegalForceが目指しているような課題を解決するサービスは日本においてまだありません。 【株式会社 LegalForce とは】 株式会社 LegalForceは、 2017年に大手法律事務所出身の弁護士 2名によって創業されて以来、京都大学との共同研究も行う独自の AI技術と弁護士の法務知見を組み合わせ、企業法務の課題を解決するソフトウェアの開発・提供を行っています。

4

AIで契約書のレビューを支援、リーガルフォースが正式版を販売

🤗 「今はないが確実に必要なもの」を見据えてそこにストレートに進んでいるように感じました。 大学生ともなると、社会がそれまでに学校などで教わる建前とは大分違う不条理で不平等な社会だということも理解してきていたので、「社会の不条理を変えていきたい」というような分かりやすい正義感みたいなものも持っていました。

13

LegalForce(リーガルフォース)の料金·評判·機能について。AIが契約書をチェックしてくれる?

💅 現在LegalForceは法務をスマートにするべく、企業の法務部門や弁護士等が日々繰り返し行っている契約書のレビュー業務を楽にしてくれるサービスを開発しています。 こうした流れは法務業務も例外ではありません。 何より日本のビジネスのバックボーンを担う弁護士たち、東大法学部を出て、司法試験に受かって、四大法律事務所に行った「日本最強のエリート」が、紙(!)の契約書のレビューで延々と時間を使っている状況は明らかにヘンでしょ!と思った、それがきっかけです。

1

【公式】LegalForce(リーガルフォース)

🤚 「ど直球」と表現しましたが、個人的な感覚として世の中のスタートアップは似たようなサービスがすでにあるものに対して差別化を図り世の中に出すことが多いように思います。 他方で、「働き方改革」の必要性に強く同意してくれる弁護士はあまりおらず、必死に長時間勉強して司法試験を突破した成功体験のせいか、とにかく長時間必死に働くことを是とする人が多いようでした。

17

AIで契約書のレビューを支援、リーガルフォースが正式版を販売

📲 そして、現在に至ります。

13

僕らがLegalForceを創業した理由ー社会全体の法務レベル向上を目指してー

☮ まとめ 以上みてきた通り、現時点でリーガルテックサービスは群雄割拠の様相を示していて、しかもこれからもどんどん新しいリーガルテックサービスが登場することが予測されます。 近年、リーガルテックの普及により、徐々にIT化が進んでいる法務領域ではありますが、まだまだDX化が進んでいない領域もあります。

7

リーガルテックとはー企業法務の現状と今後

☣ 例えば、森・濱田松本法律事務所は、国内でも最もレベルの高い部類に属するリーガルサービスを提供しています(と言われています)。 第三者機関による脆弱性診断の実施や、 ISMS (情報セキュリティマネジメントシステム)規格取得も行なっている他、情報セキュリティ専任者を設置し、情報管理を徹底しています。

13

LegalForce

🤚 しかし、そんな中でも「ハンコを押さないといけない書類がある」「電子契約に対応していないので、契約書を作成して郵送しなければならない」といったことで、出社する人もいました。 同時にAI機能を実装した契約書作成支援サービスも提供を開始されたようです。

11

日比谷に移転しました!

🤩 自社のひな形をもとに LegalForce で契約書レビューを行うことは可能ですか? はい、可能です。

20