コロナ 予言 akira。 「AKIRA」が予言した未来? コロナ禍にもがく東京:朝日新聞デジタル

【真実】AKIRA予言まとめ!コロナで東京オリンピック中止が現実に?|SUNとらのすけ

⚒ まさにAKIRAが描いた世界が現実とリンクすることが多すぎて『預言書では?』と思ってしまうのも仕方がありません。 新型コロナウイルスに関する予言では、どれも信憑性がありそうな予言が多いですね。 今後、新型コロナウイルス(COVID-19)に関連する事態が収束していない場合、中止や延期などの措置が取られるのではないかと現実味を帯びてきました。

12

漫画『AKIRA』の予言は現実になるか?無観客の五輪会場をコロナが直撃

✍ 関連記事 目次• そんな昨今、 大友克洋の名作漫画『AKIRA(アキラ)』(82年に連載開始)の作中にあった、 予言めいた記述と、目の前の現実との 「奇妙な符号」に注目が集まっている。 日本は敗戦する。

12

「AKIRA」が予言した未来? コロナ禍にもがく東京:朝日新聞デジタル

👉 それだけではない。 。 もしこのまま新型肺炎がどんどん拡大していたら、東京も封鎖になるかもしれないし、オリンピック開催も難しくなるかもしれません。

新型コロナ蔓延・東京五輪延期を予言!?漫画「AKIRA」の“鳥肌シーン”

🤐 2020年の東京オリンピック開催もさることながら、現在の日本を取り巻く新型コロナウイルスの流行と合致するなど、様々な出来事が現実と奇妙に一致しておりネットで話題に。 2月28日は、2020年東京オリンピック開催までまさに「あと147日」となります。

18

新型コロナ蔓延・東京五輪延期を予言!?漫画「AKIRA」の“鳥肌シーン” (2020年4月1日)

☯ すぐにでも、ポキポキ折れていきそうに思える。 メタファー(暗喩)として、とらえることも可能だ。 東京オリンピックどころではない事態であり、中止が示唆されています。

3

漫画『AKIRA』の予言は現実になるか?無観客の五輪会場をコロナが直撃

✍ むかし「政治は三流、経済一流」とうそぶいていた国が(本当にそう言っていたのだが)、どっちも三流(か、政治は五流かもしれない)となって長い。 シブヤ経済新聞のページより さらに、パルコも協賛する一大「再開発」プロジェクトの愛称がなのだ。 さて、そこで「AKIRA」のことをご存じのない方が次に気になるのが、「予言ってナニ?」ということだろう。

7

漫画『AKIRA』の予言は現実になるか?無観客の五輪会場をコロナが直撃

⚔ 新型コロナウイルスをノストラダムスが予言! 今回の新型コロナウイルスのこと、なんと ノストラダムスが予言しているというのである。 確かに、まったくの「中止」にしてしまうと、コロナでイベント業界の人たちが大打撃を受けたように、多種多様な業界への悪影響は必至だ。 つまり、新型コロナウイルスが日本で広まりだす 2月を警戒する予知夢を生徒に映し出していたということです。

12

漫画『AKIRA』の予言は現実になるか?無観客の五輪会場をコロナが直撃

👉 作中に登場するキャラクターは、日本がカオスな状態である原因が「前総理の税制改革の歴史的失敗によるもの」と明言しています。 『AKIRA』第3巻(86年刊・講談社KCデラックス) 筆者が私物を撮影 一度目ではなく、真の「破滅」は二度目に訪れる この 「新型爆弾」とは、一体なんのメタファーなのか?というと、 原子爆弾ととらえるのが普通だ。 バトルの最中、鉄雄がバイクを走らせていると、老人のようにシワだらけの少年・タカシと接触し、重傷を負ってしまいます。

4

漫画『AKIRA』の予言は現実になるか?無観客の五輪会場をコロナが直撃

✔ これを受けて、「東京五輪まで147日前」である2020年2月28日には、Twitterにて「何か起こるのでは?」という憶測が飛び交い、ついには「中止だ中止」という言葉がトレンド入りするという事態に発展。 まさに、ツインタワーの片方から爆発を起こしているイラストがあり、まさに的中とされていました。