スリクソン z585。 スリクソン Z585 アイアンの試打・評価・解説

スリクソン Z585 ドライバー 試打感想 | 飛ぶドライバー 2021年 飛距離を追求するブログ

⚒ ゼクシオで培ったテクノロジーも搭載されている スリクソンとゼクシオはターゲットゴルファーからして全くの別物として扱われていますが、技術面ではゼクシオの優れたところが採用されています。 コンテンツエリア ここからこのページの本文です• 試打者はドライバーのHSが30台の女子プロ・、40台のクラブフィッター・筒康博、50台のYouTuber・万振りマンの3人。 2018年モデルのZシリーズアイアンは、Z585アイアン・Z785アイアンの2種類! スリクソンの2018年モデルであるZ85シリーズからは、アイアンは2種類発売されています。

15

スリクソンZ585ドライバー 適度なつかまりでオートマチックに飛距離がでる!

😗 ヘッド形状は前作と同じく3タイプあり、Z565アイアンはポケットキャビティ、Z765アイアンはハーフキャビティ、Z965アイアンはマッスルバックとなっており、前作の形状が踏襲されています。 シャフトの影響かもしれませんが、いつもの感覚で打つと、スピン量がやや多めなイメージもあります。 フレックスは西川がR、筒と万振りマンがSを使用。

14

スリクソン Z585 ドライバー 試打感想 | 飛ぶドライバー 2021年 飛距離を追求するブログ

😛 もちろんモデルの性質が全く異なりますので、シャフトの重量だけの問題ではありませんが、軽いシャフトを装着したモデルは他にもありますので、重量が気になる方は他メーカーを探してみると良いでしょう。

スリクソン Z585 ドライバー/ヘッドスピード別試打(1/4)|クラブ試打 三者三様|GDO ゴルフギア情報

🤭 「7」のモデルが軟鉄鍛造なのに対して、「5」のモデルは弾きの良い素材をフェースに採用し、飛距離を重視したアイアンとなっています。

18

スリクソンZ585ドライバー 適度なつかまりでオートマチックに飛距離がでる!

🤛 グリーンを安心して狙っていけるFWですね。 打ってみると、Z585より球は低く、さらに低スピンの弾道が出ました。

8

ダンロップスポーツ「スリクソンZ585」アイアン

📱 ぱっと見で、年代や種類がわかるこのネーミング、個人的にはいいなと思いますね。

スリクソン Z585 ドライバー 試打感想 | 飛ぶドライバー 2021年 飛距離を追求するブログ

⚡ しかし、実際にスリクソンZ585ドライバーが販売されている値段は、有賀園ゴルフで 47,628円からなので、この価格を基準にするといいでしょう。 狙った方向に打ち出しやすい印象です。

15

スリクソンの歴代Z・ZXアイアンを一挙紹介!初代はZ525・Z725・Z925の3タイプ

🍀 スリクソン Z545 ブラックアイアン ヘッドはブラックサテン仕上げ、シャフトも専用デザインが施され、精悍なイメージになったZ945アイアンです。 Z925アイアンは、小振りなマッスルバック形状のアイアンです。 ウッド型との違いはFP(フェースプログレッション)値。

8