ノーベル 賞 本庄 コロナ。 ノーベル賞・本庶氏、新型コロナ対策で緊急提言! 病態解明と治療薬につながる研究「100億円投入せよ」:イザ!

コロナに対するノーベル賞・山中伸弥、本庶佑両教授の見解

✊ 本庶氏によると、中国などではすでに、急性期の治療にはアビガンなどの抗ウイルス薬、肺炎が重篤化する前には関節炎薬の「トシリズマブ」を使う治療が推奨されているという。 石平氏は「日中関係は良好かもしれないが、ここで中国の肩を持てば、世界中から戦犯国扱いされるよ」と警鐘を鳴らす。

3

コロナに対するノーベル賞・山中伸弥、本庶佑両教授の見解

🖕 それは英語だけでなく、ヒンドゥー語などインドで使われているいくつもの言語で拡散しているとも話した。 どのような内容か確認すると以下の様な画像が見つかった。

ノーベル賞の山中教授が新型コロナのHP開設 対策など分かりやすく説明

✇ 平和な日常を壊された世界中の憎悪が中国に注ぐことになる。 企業は生産拠点を他国に移すべきだし、中国製品の不買運動があちこちで起こるはずだ。

5

ノーベル賞科学者 本庶佑先生のPCR検査1日1万件はフェイクニュースだと感じる理由

👌 ネットで拡散する記事の信憑性をチェックする組織は、日本のメディアにはないのだろうか。 会話はきちんと成り立っている。 「やっぱり効くんだ」 とは言いつつも、イベルメクチンについては、その有効性が大きく期待されています。

15

ノーベル賞 来月行われる授賞式はオンラインで コロナ影響

🤫 複数の作用を持つ イベルメクチンはもともと、線虫などの寄生虫やダニ、ハエの成虫や幼虫などの節足動物に、ごく少量で強い殺虫作用を発揮する薬として知られてきました。 家畜の寄生虫駆除に用いられるほか、寄生虫によってヒトの失明を引き起こす「オンコセルカ症(河川盲目症)」やリンパ系フィラリア症、糞線虫症、疥癬の治療薬としても効果を発揮してきました。 ですから、効果は分からないにしても、困ったことに明日から感染症予防で飲んでみようなんていうことになりかねない。

ノーベル賞・本庶氏、新型コロナ対策で緊急提言! 病態解明と治療薬につながる研究「100億円投入せよ」:イザ!

⚓ 都市部で市中感染が広がり、しばらくは全力疾走に近い努力が必要です」(HP『山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信』) さらに山中氏は、日本がパンデミック終息を迎えるには3つのケースしかないと強調する。 特に、私は妻を亡くしていますから危険です。

7