ドネア。 ドネアの全盛期は強かった?ドネアのヤバさがわかるドネア全盛期の動画まとめ

ドネア、コロナ陽性でWBC世界バンタム級王座決定戦辞退― スポニチ Sponichi Annex 格闘技

🤘 2008年8月8日にドネアとレイチェルは結婚式をあげるがドネア・シニアは結婚式を欠席し、その後ドネアと完全に袂を分かつことになった。

15

ドネア、一転「コロナ陰性」と母国報道 陣営は19日世界戦熱望「もう陽性ではない」(THE ANSWER)

🤐 難しい試合でしたし、多くのパンチを浴びました。 ボクシング 井上尚弥パフォーマンス発揮へ「チーム井上」不可欠 []• Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月20日• 大相撲 [2月11日 17:14]• ロドリゲスの地元プエルトリコメディア「Primera HOYA」(WEB版)が2020年12月10日、報じたもので、ロドリゲスのプロモーターが、12月19日の試合が暫定王座決定戦となる可能性を示唆。 2月19日、ラスベガスのでWBC・WBO世界バンタム級(メキシコ)に挑戦。

18

ドネアVSロマゴン戦の行方は... WBC指名試合「指令」でスーパーフライ級ますます混沌: J

🍀 ドネアは英語読みで、生地・フィリピンでは彼の苗字を式に「 ドナイレ」と読む場合がほとんどである。 2016年6月24日閲覧。

9

ドネア辞退で... 不運続くロドリゲスにWBC「暫定王座戦」が急浮上: J

😗 マニーは彼を倒すだろう。

10

ドネア「戦う準備は出来ている」 コロナでWBC王座決定戦辞退も一転: J

⌛ プロレス [2月16日 0:00]• とはいえ、これは本来の形ではないということは伝えなければならない。 彼はイノウエと素晴らしい戦いをしたが、被弾しすぎた」などと語っているという。

13

究極の対決 異次元の強さ井上尚弥VSボクシング界の伝説ドネア(木村悠)

🤐 新型コロナウイルスの影響もありロドリゲスはしばらくリングから遠ざかっており、2019年5月にワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)で井上尚弥(大橋)に2回KO負けしたのが最後の試合となっている。 Collier Books, New York, 1983. 2015年7月18日、マカオのザ・ベネチアン・マカオ内にあるコタイ・アリーナでアンソニー・セトゥルとスーパーバンタム級契約10回戦のノンタイトル10回戦を行い、2回タオル投入によるTKO勝ちを収めた。 6月下旬、契約通りファイトマネーの支払いと試合が行われなかったとしてプロモーターのゲイリー・ショーと決別。

2

ドネア、一転「コロナ陰性」と母国報道 陣営は19日世界戦熱望「もう陽性ではない」(THE ANSWER)

🙄 しかし、今度はドネアが陽性反応を示したと報じられていた。 ドネアと戦うことになったロドリゲスは18年5月にIBF同級王者となり、続く10月のWBSSでジェイソン・モロニー(オーストラリア)と対戦し判定勝ちし、王座初防衛に成功した。

7

【ボクシング】元世界5階級王者・ドネアが新型コロナに感染 19日WBC世界バンタム級王座決定戦は中止に

👏 スーパーフライ級 [ ] 2009年8月15日、アメリカ・の内で1階級上のWBA世界バンタム級13位の()と世界スーパーフライ級決定戦を行い、12回3-0(117-111、116-112、115-113)の判定勝利を収め王座獲得に成功した。 2009年後半、トレーナーをに変更する。

8

【ボクシング】元世界5階級王者・ドネアが新型コロナに感染 19日WBC世界バンタム級王座決定戦は中止に

👋 4階級で世界王座を獲得した「フィリピーノ・フラッシュ」は近い将来、S・バンタム級王座を統一し、その後でフェザー級制覇にも乗り出すと話している。 プロボクシング:46戦40勝 26KO 6敗 戦 日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考 1 2001年2月22日 勝利 1R 1:46 KO ホセ・ラサロ プロデビュー戦 2 2001年3月10日 敗北 5R 判定0-3 ロセンド・サンチェス 3 2001年6月8日 勝利 4R 判定3-0 サウル・サントーヤ 4 2001年7月3日 勝利 1R 0:30 TKO ホセ・ルイス・トーレス 5 2002年5月31日 勝利 2R TKO ノエ・アルマ 6 2002年9月1日 勝利 2R KO カイチョン・ソー・ウォラピン アジア太平洋王座決定戦 7 2002年11月2日 勝利 8R 判定3-0 マーク・サレス 8 2003年6月27日 勝利 1R 1:43 TKO ホルヘ・ロペス 9 2004年6月18日 勝利 4R 3:00 TKO リカルド・バレラ 10 2004年11月12日 勝利 8R 判定3-0 ヒルベルト・ムニョス 11 2005年5月13日 勝利 6R 3:00 TKO パウリノ・ビジャロボス 12 2005年7月2日 勝利 6R 判定3-0 ラリー・オルベラ 13 2005年10月1日 勝利 1R 2:19 KO ダニエル・ゴンサレス 14 2005年11月5日 勝利 8R 判定3-0 イルド・フリオ 15 2006年1月20日 勝利 10R 判定2-1 カレン・ハルツニャン 北米王座決定戦 16 2006年7月29日 勝利 2R 1:48 TKO ホセ・ルイス・カルデナス 17 2006年10月7日 勝利 12R 判定3-0 オスカル・アンドラーデ 18 2007年5月12日 勝利 1R 2:29 TKO ケビン・ハギンズ 19 2007年7月7日 勝利 5R 1:38 TKO 世界フライ級タイトルマッチ IBF・王座獲得 20 2007年12月1日 勝利 8R 1:16 TKO ルイス・マルドナド IBF防衛1 21 2008年11月1日 勝利 6R 1:31 TKO IBF防衛2 22 2009年4月19日 勝利 4R 2:42 TKO ラウル・マルチネス IBF防衛3 23 2009年8月15日 勝利 12R 判定3-0 ラファエル・コンセプシオン 世界スーパーフライ級決定戦 24 2010年2月13日 勝利 3R 1:33 KO 25 2010年7月10日 勝利 8R 2:59 TKO WBA防衛1 26 2010年12月4日 勝利 4R 1:48 KO アメリカ大陸王座決定戦 27 2011年2月19日 勝利 2R 2:25 TKO WBC・WBO世界バンタム級タイトルマッチ WBC・WBO獲得 28 2011年10月22日 勝利 12R 判定3-0 WBC防衛1・WBO防衛1 29 2012年2月4日 勝利 12R 判定2-1 WBO世界王座決定戦 30 2012年7月7日 勝利 12R 判定3-0 IBF・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦 IBF獲得・WBO防衛1 31 2012年10月13日 勝利 9R 1:54 TKO () WBO防衛2 ・認定王座獲得 32 2012年12月15日 勝利 3R 2:59 KO WBO防衛3 33 2013年4月13日 敗北 12R 判定0-3 WBA・WBO世界スーパーバンタム級王座統一戦 34 2013年11月9日 勝利 9R 2:06 TKO 35 2014年5月31日 勝利 5R 0:01 負傷判定 3-0 WBA・世界タイトルマッチ 36 2014年10月18日 敗北 6R 2:59 KO WBA世界フェザー級王座統一戦 37 2015年3月28日 勝利 2R 2:16 TKO ウィリアム・プラド NABF北米スーパーバンタム級王座決定戦 38 2015年7月18日 勝利 2R 1:41 TKO アンソニー・セトゥル 39 2015年12月11日 勝利 12R 判定3-0 セサール・ファレス WBO世界スーパーバンタム級王座決定戦 40 2016年4月23日 勝利 3R 2:44 TKO ゾルト・ベダク WBO防衛1 41 2016年11月5日 敗北 12R 判定0-3 WBO陥落 42 2017年9月23日 勝利 10R 判定3-0 ルーベン・ガルシア・エルナンデス WBC世界フェザー級シルバー王座決定戦 43 2018年4月21日 敗北 12R 判定0-3 WBO世界フェザー級決定戦 44 2018年11月3日 勝利 4R 終了 TKO WBAスーパー世界バンタム級タイトルマッチ WBAスーパー・獲得 /WBSS1回戦 45 2019年4月27日 勝利 6R 2:37 KO ステフォン・ヤング WBAスーパー防衛1/WBSS準決勝 46 2019年11月7日 敗北 12R 判定0-3 スーパー・世界バンタム級王座統一戦 WBAスーパー陥落/WBSS決勝 エピソード [ ]• ウバーリの出身国フランスでは新型コロナ感染拡大により、2週間前から都市封鎖(ロックダウン)を再開。 しかし、今度はドネアが陽性反応を示したと報じられていた。

6